FC2ブログ

618種類目 糀屋津島さんのこだわりあまざけの素のご紹介です。

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
愛知県津島市にある糀屋さんのこだわりあまざけの素です。

糀屋さんはkoujiya tushimaでインスタをしており、
糀だけでなく甘酒や甘酒を使ったスイーツ紹介していたため、
行ってきました!

津島神社は、京都の八坂神社と並ぶ天王社として崇められ、
全国に3000以上点在する津島神社の総本社でもあり、
戦国の武将や大名からも崇拝され、
織田・豊臣・徳川から格別の崇敬を受けています。
現在放送されている大河ドラマ「麒麟がくる」でも
紹介されています。

そんな歴史のある津島神社の近くにあるのが、
安政2年創業、約160年以上の歴史のある糀屋さんです。
糀屋さんなので、米糀以外にも、
味噌用の糀、醤油用の糀、生糀、乾燥糀等、
さまざまな糀が店頭に並んでいました。

たまたま店頭にいた社長さんに
甘酒のお話等も聞かせていただきました!

いろんなお話を聞かせてもらった中の一つを披露すると、
お店の甘酒は濃縮タイプです。
濃縮タイプの甘酒は、
鍋に甘酒と水を入れて温めて一晩寝かすと
美味しくなるそうです。

私は今まで濃縮甘酒に水を入れて、
レンジでチンして飲んでいたのですが、
そうすると、甘酒と水が分離することが多く、
かき混ぜながら飲んでいました。

教えてもらった作り方をすると、
甘酒と水がなじんでおいしく飲めました!
やはり、プロは違いますよね。
このちょっとしたノウハウが、
アマとプロの違いだと思いました。

私のずぼらさの表れとも言えますが…(-_-;)

では、ここからは甘酒のご紹介・・・
と言っても、もう今回の甘酒のご紹介は進めていますが、
改めてご紹介します。

プラ容器入りの濃縮タイプ。
希釈は表記はありませんが、約2倍かな。
甘酒の種類は米糀甘酒です。

お味の方は、
粒は小さめ、トロミは調節できますが、あります。
お鍋で温めてそのまま飲んでもおいしいですが、
一晩寝かせて飲んだ方が美味しかったです。
食塩も入っているようで甘さもちょうどいい!
糀屋さんの直売所のような感じの店舗なので、
生甘酒です!生甘酒なので60℃以下で飲むと
酵素も取れますよ。

今回は、作り方の新たな発見があり、
楽しい、甘酒旅になりました!


























製品情報
製造者    合資会社 糀屋 :愛知県津島市
原材料    米糀 米 食塩
内容量    500g
スポンサーサイト



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
愛知県在住
2016年から毎日甘酒を飲み始める。
2017年10月、日本発酵文化協会の発酵マイスターを取得。
2018年 7月、発酵ライフ推進協会の発酵ライフアドバイザーを取得。
2019年1月、飲んだ甘酒の種類500種類達成。企業数300社以上。飲んだ量ドラム缶換算で10本分。
米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。
飲んだ甘酒の傾向やトレンド分析も行っています。
ご質問等ございましたら、コメント欄かメールフォームにてお問い合わせください。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle粒ありで美味しい甘酒sidetitle
sidetitle粒なしで美味しい甘酒sidetitle
sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle