文楽さんの甘こうじ

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
文楽さんの甘こうじです。

初めての埼玉県の甘酒です!
47都道府県をコンプリートするのは
なかなか大変ですね。

この甘酒は、文楽さんと日本薬科大学の共同開発商品です。
大学との共同開発品は初めてご紹介します。
パッケージには、
「機能性成分を含有する製法を日本薬科大学と酒蔵文楽で共同開発。
 麹でつくった甘酒は「飲む美容液」ともよばれています。」
とありました。

瓶入りのストレートタイプです。
2杯分くらいかな。
甘酒のカテゴリーは、米麹甘酒です。

お味の方は、
粒は大きめ、ふっくらしていてお米の甘さが感じられます。
粒が大きいとサラサラした飲み口になるのですが
とろみもあります。
ビタミンCが入っているからか、
ほんのり酸味があります。

酸味があるので、甘さは抑えられていますが、
糖度を計ると25%と高めです。

総合的には、飲みやすい甘酒です。





製品情報

製造者    文楽 :埼玉県上尾市
原材料    米麹(国産米) グリセリン ビタミンC
内容量    280ml
カロリー    90kcal/100gあたり
糖度      25%

>米麹の甘酒 甘こうじ 280ml×20本【酒蔵 文楽】

価格:11,016円
(2017/3/26 19:13時点)





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

バイオ系の学部がある大学では酒を利用して名を売る場合もありますが、甘酒もあるんですね。
薬科大学が「飲む美容液」と謳うと、効果がありそうな感じがします!

Re: No title

> こんばんは!
>
> バイオ系の学部がある大学では酒を利用して名を売る場合もありますが、甘酒もあるんですね。
> 薬科大学が「飲む美容液」と謳うと、効果がありそうな感じがします!

けyさん、おはようございます。

確かに、説得力が増しますよね。
大学との共同開発品ができるくらい、
甘酒が注目され始めたということでしょうか。

嬉しい限りです(o^^o)
sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
現在は愛知県在住
毎日甘酒飲んでます!
現在、200種類の甘酒を飲みました。
米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle

酒蔵のあまざけ 500g×4本

新品価格
¥3,980から
(2017/1/30 21:58時点)

sidetitleいま売れてる甘酒の本sidetitle

>食べる甘酒で病気が治る!楽々やせる!

価格:810円
(2017/2/26 17:11時点)

sidetitle広告サイトsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle