初めて甘酒を作りました!

こんにちは~。

市販の甘酒を毎日飲んでいると、
自分でも作ってみたくなりました。
甘酒は炊飯器等でも作れますが、
甘酒マニアの私としては、
甘酒を作る家電にも興味があり、
ヨーグルトメーカーを購入しました!

そこで今回は、初めての甘酒作りをご紹介します。

甘酒作りといっても、超簡単!
では、順番に作っていきますね。

材料は、米麹 100g お粥 100g お水 100mlのみです。


ヨーグルトメーカーは、
アイリスオオヤマさんの、
ヨーグルトメーカープレミアムです。


今回の米麹は、スーパー等でよく見かける、
伊勢惣さんの「みやここうじ」です。

麹をほぐします。手で簡単にほぐれて気持ちいい!

ほぐした麹とお粥と水を容器に入れて混ぜます。
水分が少ない気がしますが、分量通りです。

温度は60℃、時間は8時間に設定しました。
では、スイッチオン。

2時間経過。
水分が出てきていい感じになってる!
甘い香りもします。
味見してみると、甘くなってますが甘酒の味ではありません。
でも、美味しい。

4時間経過。
水分が出てきてます。
味見したところ、少し酸味がある感じが…。
失敗かな(*´-`)

6時間経過。
少し黄色がかってきました。
甘酒らしくなってきた!
味も甘くなってますが、あと2時間発酵させてみます。

完成!!
甘くておいしい!
初めてにしては良い出来じゃないかな(^。^)

このまますぐ冷やして冷蔵庫へ入れると生甘酒です。
60℃以上で加熱すると日持ちする甘酒になります。

生甘酒は甘酒の栄養素+酵素もとれますので
このまま冷蔵庫で保存し1週間くらいで使い切る予定です。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村



ヨーグルトメーカー プレミアム IYM-012-Wあす楽対応 送料無料 ヨーグルト 発酵食品 乳製品 あま酒 塩麹 手作り発酵食品 手作りヨーグルト 簡単 牛乳 手作り乳製品 調理器具 キッチン用品 アイリスオーヤマ

価格:4,105円
(2017/6/4 17:44時点)
感想(152件)




【先日のTV放送の影響で出荷が大幅に遅れています!】伊勢惣みやここうじ(四角型)200g(乾燥米麹)[塩麹作りに 甘酒作りに 麹でべったら漬け 醤油こうじに 発酵食品]

価格:293円
(2017/6/4 17:45時点)
感想(53件)


スポンサーサイト

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ずっとこちらの記事を拝見していますが、甘酒を自作するのは今回の記事分が初めてでしたか?

私も何回か自作しました。そこで大切なのは、温度管理だと実感しました。
おかゆを作り、そこにタネの麹をいれて、かき交ぜ、タイマーをセットし、出来上がりを待つ。そういう過程になると思いますが、最初のとき、おかゆの温度が50-60℃に入ってくるまで待たずに、さっさと始めたら、活性がかなり失われてしまったようで、ちょっと失敗気味の出来でした。
以降は、パン作りの時に使用する温度計で温度を測り、おかゆの温度が50-60℃に入ってくるまで待ちました。それからは、うまくいくようになりました。

糯米で自作するほどまでマニアックではありませんが、味の違いはあるのでしょうかね。

No title

こんばんは!

短時間でみるみる味が変わっていくんですね。
それだけ手軽にできると色々な米や糀で、好みのオリジナル甘酒を作ってみるのも面白そう!

No title

おばんでがすーーー!
今週もよろしくお願いします。
8度~16度。
平年より寒い日でしたねー!
カラッと晴れて欲しいですねー。
今日もお疲れ様でした。

自分で作るんですねー!

Re: No title

> ずっとこちらの記事を拝見していますが、甘酒を自作するのは今回の記事分が初めてでしたか?
>
> 私も何回か自作しました。そこで大切なのは、温度管理だと実感しました。
> おかゆを作り、そこにタネの麹をいれて、かき交ぜ、タイマーをセットし、出来上がりを待つ。そういう過程になると思いますが、最初のとき、おかゆの温度が50-60℃に入ってくるまで待たずに、さっさと始めたら、活性がかなり失われてしまったようで、ちょっと失敗気味の出来でした。
> 以降は、パン作りの時に使用する温度計で温度を測り、おかゆの温度が50-60℃に入ってくるまで待ちました。それからは、うまくいくようになりました。
>
> 糯米で自作するほどまでマニアックではありませんが、味の違いはあるのでしょうかね。

AzTakさん、コメントありがとうございます。

今までは市販されている甘酒を飲むだけだったのですが、
やっと作る事が出来ました。

65℃を越えると、麹菌の酵素が失活するため、
発酵がされないようですね。

糯米で作ると粒にモチモチ感があり、
弾力のある甘酒になると思います。
(市販の糯米入り甘酒を飲んだ感想ですが…)

これからは、いろんな自家製甘酒も紹介したいと思っていますので、
よろしくお願い致します!

Re: No title

> こんばんは!
>
> 短時間でみるみる味が変わっていくんですね。
> それだけ手軽にできると色々な米や糀で、好みのオリジナル甘酒を作ってみるのも面白そう!

けyさん、こんにちは。

時間を追うごとに味の変化が分かり、
楽しかったですよ。
味もそうですが、時間を追うごとに
甘い香りが漂ってくるので、
作っている実感が湧きました。

麹によって味や出来上がる時間等が違うようなので、
今後は、さまざまな自家製甘酒も紹介できたらと思っています。

これからも、よろしくお願い致します。
sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
現在は愛知県在住
毎日甘酒飲んでます!
現在、200種類の甘酒を飲みました。
米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle

酒蔵のあまざけ 500g×4本

新品価格
¥3,980から
(2017/1/30 21:58時点)

sidetitleいま売れてる甘酒の本sidetitle

>食べる甘酒で病気が治る!楽々やせる!

価格:810円
(2017/2/26 17:11時点)

sidetitle広告サイトsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle