甘酒100種類を飲んで

こんにちは~。

当初の目標の「甘酒100種類」を飲みました!
そこで、次回から何回かに分けて、
私のお奨めする甘酒をご紹介します。

さまざまな甘酒を飲んで、私流にカテゴリー分けをしました。

・昔ながらの素朴な米麹甘酒(原材料が麹・米・塩・(砂糖)のみのもの)
・米麹甘酒+αの甘酒(原材料に麹・米・塩+αのもの)
・酒粕入の甘酒
・食べる甘酒

の4種類に分けました。
次回からはこれらのカテゴリーの中でお奨め品をご紹介します。

今回は、100種類飲んでの感想をお話ししたいと思います。

私は、各地のスーパー、デパ地下、酒屋等々を回って
甘酒を買ってご紹介しています。
ネットで買うのは簡単ですが、その土地の甘酒を見つけて買うのが、
宝探しのようで楽しく、ネットでも売っていないような甘酒も見つけることがあるので、
もうしばらくはこのスタイルでご紹介していきたいと思っています。

このブログを始めた頃、「甘酒って何種類あるんだろう?」と思いました。
1か所のスーパーに売っているのは、多くても数種類です。
甘酒飲み比べブログと謳いつつ、あまり種類が無いと、
「ブログがすぐ終わってしまう…。」と思いながら始めました。
しかし、買い始めるとスーパーによって扱っている甘酒が違い、
「これは結構あるんじゃないか」と思うようになりました。
目安として、味噌屋さんと酒造メーカーさんを調べると、
各1000件づつくらいはあるようで、そこが1種類づつ作っているとしたら、
2000種類、何種類も作っているところもありますし、
お菓子メーカー等も作っています。
甘酒を作っていないメーカーさんもあると思いますが、
1000種類以上はあるんじゃないかと思うようになりました。

1000種類もあると、飲みきれるのか?どこに売っているのか?等々、
不安(笑)ややる気も出てきたりして…、
楽しみながら甘酒を探しています。

そんな中、100種類を飲んでの感想ですが、
甘酒は、「米麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」の2種類ある
という話は何度もしてきましたが、「甘酒」として売っているのは、
圧倒的に「米麹の甘酒」であり、「酒粕のみの甘酒」は
まだ見つけたことがありません。
スーパーの売り場では、甘酒と一緒に酒粕は売っています。
酒粕の甘酒はお湯で溶かして砂糖を入れると簡単にできますし、
酒粕は、粕漬けや酒粕パック等用途も広いので、
甘酒としては売ってないのかな。と思っています。

先程カテゴリー分けした、「昔ながらの素朴な米麹甘酒」は、
味は大きく変わることはあまりありません。
中には、「えっ?」と思うような味の違った甘酒に出会うこともありますよ。
黒米、赤米、もち米、玄米を使用したものは、もちもち感があり、
玄米は粒が少し硬く、アクセントになっているものもあります。
一般的な甘酒は、ツブの大きさや薄め方等で、
少しづつ個性が出てきているのかと思います。

また、最近では、フルーツ等とミックスした、
ジュース系のものも増えています。
これが、「米麹甘酒+αの甘酒」です。
こちらは、少し価格が張りますが、飲みやすさは抜群です。
ジュースを飲むより甘酒入りジュースの方が、
身体に良さそうなので、甘酒が苦手な人も、
一度試してみてはいかがでしょうか。

他にも、「食べる甘酒」というカテゴリーもあります。
今のところ5種類しか出会ってませんが、
全般的に美味しいです。
もっと世の中に広がればいいのに~。

最後に、「酒粕入りの甘酒」ですが、米麹+酒粕が基本です。
酒粕入り甘酒は大手企業のものが多いです。
酒粕の配合量によって、酒粕の香りがするものと、
ほぼしないものとがあります。
私は、酒粕の香りが苦手な方なので、
「酒粕入りの香り無し」のものに出会うと、
得した気分になります。

このように、さまざまな甘酒を飲み比べてきました。
飲んだ事の無い甘酒がまだまだあると思いますので、
これからも、紹介していきます。
次の目標は、47都道府県の甘酒制覇です!
まだ飲んだことの無い都道府県は、
青森、茨木、埼玉、千葉、神奈川、山梨、滋賀、奈良、和歌山、高知、長崎です。
ご覧の方で、これらの県の甘酒をご存知でしたら、是非教えてください!
また、変わった甘酒等の情報も募集中ですので、
コメント等入れていただければと思います。

これからも末永くよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おばんですーーー!
今日の元気な応援です。
いや~今日は寒かったー!
天気は良いのに3度でした。
タイヤも中古の良いヤツに変えたので、
そろそろ雪が降り出すかなー?
今日もお疲れ様でした。

わー、楽しみです!
青森に無いかなー?有るんじゃないべがー??

No title

素材の米ごとで味が違うとなると奥が深そうですね・・・・・・。一つ気になったのですが、恐らく甘酒って日持ちしませんよね?まるさんは一回で結構ガブガブ(バクバク?)飲んでいるのですか?それとも冷凍などで保存しているのでしょうか?

Re: No title

> 素材の米ごとで味が違うとなると奥が深そうですね・・・・・・。一つ気になったのですが、恐らく甘酒って日持ちしませんよね?まるさんは一回で結構ガブガブ(バクバク?)飲んでいるのですか?それとも冷凍などで保存しているのでしょうか?

けyさん、コメントありがとうございます。

市販の甘酒の賞味期限は、半年から1年と長いんですよ。
ただし、開封後は冷蔵庫に保管して早めにお飲みください。
と、書いているものが一般的です。

私の場合、1杯はそのまま甘酒として飲み、
2杯目以降は、同じく甘酒として飲んだり、
豆乳や牛乳、ヨーグルト等と混ぜて飲んだりします。
その他、甘酒とフルーツと豆乳等をブレンダーにかけ、
スムージーとして朝食がわりに飲んだりもしますよ。

スムージーは特にオススメです。

開封した甘酒は、容量にもよりますが、
2、3日で飲んでいますよ。

1日1杯〜2杯くらい飲んでます。

sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
現在は愛知県在住
毎日甘酒飲んでます!
現在、200種類の甘酒を飲みました。
米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle

酒蔵のあまざけ 500g×4本

新品価格
¥3,980から
(2017/1/30 21:58時点)

sidetitleいま売れてる甘酒の本sidetitle

>食べる甘酒で病気が治る!楽々やせる!

価格:810円
(2017/2/26 17:11時点)

sidetitle広告サイトsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle