室本こうじさんの甘酒

こんにちは。

今回ご紹介するのは、室本こうじさんの甘酒です。

この甘酒、変わってます!

味は、昔ながらの甘酒なのですが、
米粒がそのまま残っていて、お粥みたいです。
なので、ドロドロ感がなく意外にサラサラです。
飲むというより食べる感じでしょうか。
普通の甘酒より甘さは控えめで美味しいですよ。

室本こうじのある香川県観音寺市には
こうじの神様を祭っている皇太子神社があるようです。

以下は、室本こうじさんのHPを抜粋しました。

こうじ神話

それは遠いむかし、四国・香川県観音寺の室本の沖に
小さな舟に乗って漂流している一行を室本の濱で
数人の若者が見つけました。
若者たちは自分たちの舟でこぎ漂流者の一行を助け、
室本まで連れてきました。漂流者の一行は都の人らしく、
身なりも立派、ことば使いも室本の浜の人たちには、
理解できない言葉がありましたが、里人たちはみんなで
協力して都の人を助けました。
秋も深まり稲の収穫が始まった頃、都の人はすっかり元気になり、
都に帰る日が近づいたある日、「私達の感謝の気持ちを伝えたい」と
甘酒の造り方を里人たちに伝授しました。
また、都の人を助けた8人の若者に甘酒のもとの
こうじ菌の造り方も伝授されました。
それから700年以上後の今も尚、室本ではこうじ造りが受け継がれています。
こうした訳で室本の皇太子神社は、
こうじの神様として祭られ全国からの参拝者で賑わっています。

参考文献:ぶらり讃岐の民話とむかし話 岸上正発行(平成4年4月5日)





製品情報

製造者   入江麹製造所 :香川県観音寺市
原材料名  米 米こうじ
内容量   500ml


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます!

甘酒仲間がいて嬉しいです(^o^)

私はまだ自分で作ったことが無いのですが、
作りたいとは思ってます。
炊飯器で作れると聞いたことがありますが、
専用の機械の方が上手く作れそうですね。
カモシコも候補にしますねー。
sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
現在は愛知県在住
毎日甘酒飲んでます!
現在、200種類の甘酒を飲みました。
米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle暑い時期にオススメ。黒麹で作った酸味のある甘酒です。冷やしてどうぞ!sidetitle
sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle

酒蔵のあまざけ 500g×4本

新品価格
¥3,980から
(2017/1/30 21:58時点)

sidetitleいま売れてる甘酒の本sidetitle

>食べる甘酒で病気が治る!楽々やせる!

価格:810円
(2017/2/26 17:11時点)

sidetitle広告サイトsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle