FC2ブログ

506種類目 小布施堂さんの甘酒羊羹と栗羊羹のご紹介です。

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
小布施堂さんの甘酒羊羹と栗羊羹です。

この商品は、前回に引き続き、
新宿伊勢丹で50周年を迎える森永甘酒を使用し、
パティスリーキハチ・小布施堂・文明堂・ISSUI・鈴懸が
コラボし、思い思いの甘味を仕立てたものです。
伊勢丹限定発売だったのですが、
残念ながら、キハチ、ISSUI,鈴懸は販売終了しており、
文明堂と小布施堂しか買えませんでした。
この2か所は1/31までなので、
お近くの方は是非、足を運んでみてくださいね。

では、小布施堂さんの甘酒羊羹と栗羊羹のお味の方は、
白い羊羹が干し柿入りの甘酒羊羹、
茶緑色が渋皮栗入りの栗羊羹です。
甘酒羊羹だけ食べると、森永甘酒の味が
しっかりします。強いです。
栗羊羹と一緒に食べるとちょうど良く
上品な味になりますよ。

エルセーヌの大幅減量ダイエット









製品情報

製造者    株式会社小布施堂 :長野県小布施町
原材料    砂糖 白餡(手亡豆 砂糖) 栗渋皮煮(栗 砂糖) 栗
         干し柿 生クリーム 粉末甘酒(酒粕 砂糖 デキストリン 食塩 米麹粉末)
         還元水飴 寒天 トレハロース 香料 安定剤 甘味料(原料の一部に乳を含む)
内容量    1個

小布施堂栗かの子羊羹ミニ

新品価格
¥1,095から
(2019/1/26 19:25時点)




栗羊羹[ミニ・3本] 【小布施堂】

価格:627円
(2019/1/26 19:27時点)
感想(2件)



スポンサーサイト



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

505種類目 文明堂さんの三笠山甘酒金時のご紹介です。

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
文明堂さんの三笠山甘酒金時です。

この商品は、新宿伊勢丹で
50周年を迎える森永甘酒を使用し、
パティスリーキハチ・小布施堂・文明堂・ISSUI・鈴懸が
コラボし、思い思いの甘味を仕立てたものです。
伊勢丹限定発売だったのですが、
残念ながら、キハチ、ISSUI,鈴懸は販売終了しており、
文明堂と小布施堂しか買えませんでした。
この2か所は1/31までなので、
お近くの方は是非、足を運んでみてくださいね。

では、文明堂三笠山甘酒金時のご紹介です。

この商品は、福白金時を甘酒で蜜漬けし丁寧に
練り上げて餡に仕立てたものです。
割ってみると、白あんで見るからに美味しそう!
ではお味の方は、
まず、皮がモチモチして美味しい!
餡は口に含むとほのかな酒粕の香りがしますよ。
森永甘酒の味はしますが、強すぎず弱すぎず、
絶妙にマッチしています。
期間限定なのが惜しいです。
来年もコラボしたらいいのにな~。
と思う逸品でした。


エルセーヌの大幅減量ダイエット








製品情報

販売者    文明堂東京 :東京都中央区日本橋室町
内容量    1個
原材料    甘酒金時あん(甘酒 砂糖 福白金時) 小麦粉 鶏卵
         砂糖 和三盆糖 水飴 蜂蜜 清酒 膨張剤 安定剤(増粘多糖類)
         酸味料 香料

[訳あり] もっちりミニどら焼きどっさり1kg!!≪常温商品≫

新品価格
¥1,457から
(2019/1/26 19:20時点)




エントリーでP5倍 文明堂東京 三笠山 6個入 エントリーでP5倍 (1月28日1時59分迄)

価格:1,145円
(2019/1/26 19:23時点)
感想(1件)


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

504種類目 クレインファーストさんの甘酒物語 六郷のあまざけのご紹介です。

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
レインファーストさんの甘酒物語 六郷のあまざけです。

今回初めてふるさと納税で甘酒を頂きました!
大分県国東市のふるさと納税返礼品です。
「甘酒物語」というのが気になり選びました。

大分県国東市は世界農業遺産に認定された自然豊かな「六郷満山」があり、
自社農地でおじいちゃんやおばあちゃんが手植えした
自然栽培米や古代米(黒米・赤米等)を含んだ米と麹だけで
つくった無添加の甘酒です。

瓶入りのストレートタイプ。
甘酒の種類は米麹甘酒です。
ふるさと納税返礼品は6本入りです。

では、お味の方は、
粒ありとろみあり。
最近の甘酒は甘さ控えめとか乳酸菌を入れて酸味のあるもの等
さっぱりしたものが主流になりつつありますが、
この甘酒は、米麹の味と香りがしっかり残った、
昔ながらの甘酒です。
糖度は23%と甘酒らしい甘さです。
今の時期は温めて飲むといいですね。
自然豊かな「六郷満山」の田園が思い浮かび、
ほっこりできる甘酒でした。

六郷満山は、地名かと思いきや
国東市は1300年前に神仏習合の原点となる山岳宗教
「六郷満山」が開かれた土地で、国東半島には
数多くの六郷満山のお寺があります。
2018年にちょうど1300年を迎えました。
歴史が長い神秘的な土地なんですね。
そんな土地でできた自然栽培米でできた甘酒だと思うと
より一層美味しさが増しますね。

エルセーヌの大幅減量ダイエット








製品情報

販売者    合同会社クレイン・ファースト :大分県国東市
原材料    米(大分県産米) 米麹(国産米)
内容量    900ml
糖度      23%

【ふるさと納税】お米と米麹だけで作った六郷の無添加甘酒/500ml×6本

価格:10,000円
(2019/1/14 14:30時点)
感想(0件)


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

503種類目 古町糀製造所さんの神社エールのご紹介です。

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
古町糀製造所さんの神社エールです。
まさかのダジャレネームです!
生姜が入っているので、神社エール?

瓶入りのストレートタイプ。
甘酒の種類は甘酒+αです。

古町糀製造所さんの甘酒は過去にも紹介しております。
よろしければ、ご覧ください。
古町糀製造所さんのサクラサク
和僑商店さんの古町糀飴 柚子
古町糀製造所さんの糀

お味の方は、
粒ありとろみありです。
生姜が入っているので少し辛みがあり、
さっぱりしてますよ。
生姜の量が丁度良く、粒ととろみはあるけど
サラっと飲めます。
糖度も20%と甘酒としては低めです。
飲みやすさ抜群!

新潟からお届けする甘酒専門店の糀の甘酒





製品情報

販売者    古町糀製造所 :新潟県
原材料    米(国産) 米糀(国産米) 生姜汁(国産)
内容量    500ml
糖度      20%



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

502種類目 神沢川酒造場さんの蔵のあまざけ正雪のご紹介です

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
静岡のワイン輸入販売を手掛ける
ヴィノスやまざきさんが静岡県内の酒造会社と組み
「蔵のあまざけ」という甘酒ブランドを立ち上げた中の
一つ「正雪」です。

先日「蔵のあまざけ 開運」を紹介しました。
こちらをご覧ください。
497種類目 土井酒造場さんの蔵のあまざけ開運のご紹介です。

「正雪」は神沢川酒造場さんの日本酒「正雪」の酒粕を使用した甘酒です。
まず、日本酒「正雪」ですが、
「飲み飽きせず、盃がすすむ酒」を目標に造られた
旨みと爽やかな香りが調和したお酒です。

そんな正雪の純米大吟醸の粕を使用して造られた甘酒のお味は、
酒粕甘酒なので粒はありません。
とろみもほぼ無く、サラサラしている上に、
さっぱりしているのですごく飲みやすいです。
香りも強くなく、ジュース感覚で飲めますよ。
糖度も13%と甘酒とはかなり低めです。

酒粕甘酒は、お肌に良いんですよ。
先日の林先生の番組でも特集していましたが、
1週間毎日飲むとコラーゲンの減少を抑える効果があり、
その後1か月間は飲まなくてもその効果が続くとか。

市販では酒粕甘酒はなかなか置いてないので、
見つけたら即購入ですよ!





製品情報

取り扱い業者    ヴィノスやまざき :静岡県
酒粕製造       神沢川酒造場   :静岡県
製造者        メトロ株式会社  :山梨県

原材料        酒粕(米(国産) 米麹) さとうきび糖 
             希少糖含有シロップ 食塩
内容量        720ml
カロリー        51kcal/100gあたり
糖度          13%

正雪 吟醸 新酒粕(バラ粕) 1kg詰

新品価格
¥648から
(2019/1/14 14:24時点)


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

【本日は甘酒の日】501種類目 河内源一郎商店 麹の館さんの麹屋の甘酒のご紹介です。

こんにちは~。

1/20大寒の日は甘酒の日です。
甘酒の日にご紹介するのは、
鹿児島県の「河内源一郎商店 麹の館」で
見つけた麹屋の甘酒です。

川内源一郎商店の甘酒は以前紹介しております。
こちらをご覧ください。
河内源一郎商店さんの甘酒


前回の記事に書きましたが、
川内源一郎さんは、別名「麹の神様」と言われており、
「河内菌」を発見した人です。
現在国内の本格焼酎の9割近くが河内菌を使用し
作られています。

そんな川内菌が気になって、
先日の鹿児島旅行時、お店に行ってきました。

15:00頃行ったので、人気のシュークリームは売り切れてましたが、
もう一つの人気商品である、「麹屋の甘酒」を購入しました。
この商品は常連さんの間で人気だそうです。

では、お味の方は、
食べる甘酒だとは聞いていたのですが、
蓋を開けるまでは、プリンのような感じだと思っていました。
蓋を開けてみると、濃縮された甘酒がたっぷり入っており、
まさしく「食べる甘酒」です。
一口食べてみると、麹の味と香りがしっかりしています。
粒はほとんどなく、なめらかな舌触りです。
これなら、ヨーグルトや牛乳等にも上手く混ざりそうです。
人気があるのがわかります!










製品情報

製造者    錦灘酒造株式会社 :鹿児島県
販売者    河内源一郎商店 麹の館 :鹿児島県
原材料    米(国産米) 米麹
内容量    100g

麹屋の甘酒 ノンアルコール 6個入り お砂糖無添加 昔ながらの甘酒 食べるタイプ

新品価格
¥1,290から
(2019/1/14 14:26時点)


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

499種類目  九味食品さんのあま酒のご紹介です。

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
九味食品さんのあま酒です。

袋入りの濃縮タイプ、約2.5倍希釈。
甘酒の種類は米麹甘酒です。
最近では珍しい加糖タイプですね。

お味の方は、
ほぼ粒なし、とろみありです。
粒は柔らかいご飯をつぶしたのが残っているといった感じです。
このあまざけの特長は、他の甘酒より色が白いことですね。
加糖タイプですが、薄めて飲むので
甘さは通常の米麹甘酒と変わらないですよ。





製品情報

販売者    九味食品株式会社 :福岡市東区
原材料    米 米こうじ グラニュー糖 食塩
内容量    250g

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

498種類目 中屋醸造所さんの甘酒のご紹介です

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
中屋醸造所さんの甘酒です。

袋入りの濃縮タイプ、約2.5倍希釈です。
甘酒の種類は米麹甘酒です。

お味の方は、
この甘酒は写真の通り、
濃縮タイプの中でもねっとり感が強く、
ご飯というかおこわみたいな感じです。
スプーンですくって食べてみると美味しい。
そのまま食べても良いと思います。
お湯で溶かして飲むと普通の甘酒でした。
私のおススメはそのまま食べる方かな。





製品情報

製造者    有限会社中屋醸造所 :香川県高松市
原材料    米(国産米) 米こうじ
内容量    300g

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

500種類を飲んだ中のおススメ甘酒のご紹介です。

こんにちは~。

今回は、401~500種類の中での
おススメ品をご紹介いたします。

まず1種類目は、
花角味噌醸造さんの甘酒です。
この甘酒は食べ方に特徴がありました。
冷凍した甘酒に牛乳を注いで食べると
アイスクリームみたいで美味しかったです。
是非、試してほしいですが、
ネットでは見つけられませんでした。
現地、山形へ行った際はぜひご賞味ください。


2種類目は
忠孝酒造さんの青切りシークァーサー黒あまざけです。


黒麹でつくった甘酒はクエン酸の酸味があるのですが、
その中にシークァーサーが入っているので
一段と酸味が増している逸品で、
甘酒とは思えない甘酸っぱさが特徴の甘酒です。
興味のある方は、是非飲んでみてください。



3種類目は
473種類目 旭酒造さんの麹仕立て獺祭甘酒です。


獺祭で有名な旭酒造さんの米麹甘酒です。
粒なしのなめらかなタイプで甘酒らしい甘さで
濃厚ですが飲みやすかった逸品です。



最後のご紹介は、
494種類目 銀座若菜さんのあま酒です。
この甘酒は粒ありの米麹甘酒です。
粒がり甘酒らしい糖度ですが飲みやすかったです。
これもネットでは見つけられませんでした。
全国の銀座若菜さんの店舗でお買い求めください。

以上、気になるものがありましたら、是非飲んでみてくださいね。

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

甘酒を500種類飲んだ感想

こんにちは~。

今回は500種類を飲んだ感想です。
皆様のブログ訪問に支えられながら
ここまで来ました。
本当に、ありがとうございます!

率直な感想を言うと、
とうとう500種類飲みました!といった感じです。
甘酒って、こんなに種類があるのですね。
現在、新商品もどんどん出ているようなので、
もうしばらくは続けられそうです。

400種類から500種類までの変化としては、
以前にも増して、様々な食品に甘酒が使われています。
クッキーやケーキ、鍋の素もありました。
それと、粉末甘酒の種類も豊富です。
粉末甘酒は漢方等とも組み合わされ、
より健康食品としての機能性を売りにしている商品も
多いと感じました。

甘酒単体としての変化は、
以前同様、フルーツ甘酒や乳酸菌入り甘酒は増加傾向ですが、
「すっきり」や「甘さ控えめ」「やさしい「といった
商品が増えたように感じます。
たとえば、
八海醸造さんの麹だけでつくったすっきり甘酒
ひかり味噌さんの麹の花あまざけ
等が挙げられます。
飲むと確かに他の甘酒より甘さが抑えられており、
飲みやすい商品です。
糖度も低めです。
通常の麹甘酒は甘すぎると感じる人が多いのでしょうか。

「発酵」を取り上げたテレビ番組や雑誌等が増えており、
以前は味噌や塩麹がメインでしたが、
甘酒もクローズアップされるようになってきました。
発酵食品の一つとして認識されてきていると感じます。

これからも、甘酒の変化を感じながら
飲み続けたいと考えております。

このブログを通して、
甘酒に関心が高まり甘酒を飲む方が一人でも増えてくれれば
うれしい限りです。

今後とも、よろしくお願いいたします。

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
愛知県在住
2016年から毎日甘酒を飲み始める。
2017年10月、日本発酵文化協会の発酵マイスターを取得。
2018年 7月、発酵ライフ推進協会の発酵ライフアドバイザーを取得。
2019年1月、飲んだ甘酒の種類500種類達成。企業数300社以上。飲んだ量ドラム缶換算で10本分。
米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。
飲んだ甘酒の傾向やトレンド分析も行っています。
ご質問等ございましたら、コメント欄かメールフォームにてお問い合わせください。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle粒ありで美味しい甘酒sidetitle
sidetitle粒なしで美味しい甘酒sidetitle
sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle