FC2ブログ

146種類目 ディオニーさんの嵯峨野匠庵 あま酒のご紹介です。

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
ディオニーさんの嵯峨野匠庵 あま酒です。

この甘酒は、滋賀県産特別栽培米きぬひかりだけで
仕込んだものです。

袋入り、2~2.5倍希釈の濃縮タイプです。
250g入りにしては袋がコンパクトな気がします。
それだけ濃縮しているということでしょうか。
濃縮状態では結構ドロドロしていましたよ。
写真は薄めた状態のものです。

お味の方は、
癖のない米麹甘酒です。
粒がなく、約2倍に薄めるととろみも
思ったより少なめで飲みやすいです。
糖度は19%と、甘酒としては低めですね。





製品情報

販売者    ディオティニー株式会社 :京都市伏見区
原材料    米こうじ 米(国産100%)
内容量    250g
糖度      19%(約2倍に薄めた状態)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

145種類目 渡辺酒造店さんの蔵元のあまざけのご紹介です。

こんにちは~。

高山第7弾!
これが高山シリーズ最後です。

高山は酒処、味噌処なので、
様々な甘酒に出会えましたよ。
また行きたいです!

では、今回ご紹介するのは、
飛騨古川にある、
渡辺酒造店さんの蔵元のあまざけです。

渡辺酒造さんでは、
蔵見学をさせてもらいました。
(事前予約制)

説明をしてくれたのは、外国人杜氏の方でした。
11年杜氏をしているとのことです。

蔵って寒いですね。
その日は3月といっても、
雪がちらついていたので、特に寒かったです。

始めにお米の説明を聞きました。
日本酒の作り方の説明なのですが、
甘酒でも日本酒で使うお米を使った甘酒もあります。
以前から気になっていた、
「主食のお米と日本酒用のお米は何が違うのか?」
を質問しました。

日本酒用のお米の方が、粒が大きいそうです。
日本酒を作るときに、お米を削るのですが、
粒が小さいと、砕けるそうです。
それと、心白が大きいそうです。
心白はお米の中心にある芯の部分で
粘度が高く削っても砕けにくいそうです。
日本酒用のお米は食べても美味しくない。
とのことでした。

次に、お米を蒸すタンクや、その後貯蔵する蔵等を
見せていただきました。
思ったより、機械化が進んでいる感じで、
温度管理等、きっちりしていました。

びっくりしたのが、貯蔵する蔵に、
お笑い番組を大音量で流していたことです。
笑い声をお酒に利かすことで、良いお酒ができるそうです。
人と一緒ですね。

最後に、搾りたてのお酒を試飲しました。
舌がピリピリする感じがして、初めての味でした。
これは、できたての日本酒は、まだ発酵のための
炭酸が残っており、ピリピリするのだそうです。

では、甘酒のお話ですが、
残念ながら甘酒はこの蔵では作ってないとのことでした。

販売はしていたので、買って帰りました。
甘酒のタイプは米麹甘酒です。
瓶入りのストレートタイプです。

お味の方は、
粒はあり、とろみはちょうどいい感じ。
糖度は24%と甘酒らしい甘さです。
クセが無いので、飲みやすいですよ。















製品情報

販売者    有限会社渡辺酒造店 :岐阜県飛騨市古川町
原材料    米(国産) 米麹(国産米)
内容量    900ml
糖度      24%

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

144種類目 千日みそさんのあまざけのご紹介です。

こんにちは~。

今回ご紹介するのは、
千日みそさんのあまざけ濃縮タイプです。

以前、ストレート甘酒柚子の香をご紹介しました。
興味のある方は、カテゴリーの長野県を見てくださいね。

千日みそさんは、
長野県善光寺平のほぼ中心
勝善寺の門前で創業しています。

ここの甘酒は全国各地で見かけますので、
みなさんの町でも売ってるかもしれませんね。

220g×2袋の濃縮タイプです。

では、お味の方は、
昔ながらの米麹あまざけです。
塩がよく効いているかな。

粒は小さめですが、ずっしりしています。
とろみは少なめです。
2倍に薄めた状態での糖度は24%と、
甘酒としてはちょうどいい感じですね。





製品情報

製造者    千日みそ株式会社 :長野県須坂市
原材料    米 米こうじ 食塩
内容量    220g×2
カロリー    94kcal/100あたり
糖度     24%(2倍に薄めたもの)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

143種類目 大のや醸造さんの甘酒のご紹介です。

こんにちは~。

高山第 6弾!

今回ご紹介するのは、
高山の古い街並みの中にある、
大のや醸造さんの甘酒です。

大のやさんは、味噌屋さんで、
高山に行ったことある方は、
一度は暖簾をくぐったことがあるんじゃないでしょうか?
いつも大勢のお客様がいて、
店内では、お味噌汁の試飲ができます。

私も、高山へ来ると、大のやさんの
おみそ汁の試飲をしていました。

今回は、甘酒が売っているのではないかと思い、
店内に入ると、ありました!

甘酒は冬季限定の商品です。
手づくり感あふれるパッケージですね。
もちろん、米麹甘酒です。

お味の方は、
粒が小さく、硬めです。
サラサラした飲み口です。

2倍に薄めると、糖度19%と、
甘すぎず、サラサラしているので
飲みやすいですよ。









製品情報

製造者    株式会社大のや醸造 :岐阜県高山市
原材料    米 米麹
糖度      19%(2倍に薄めたもの)



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

142種類目 木内酒造さんの蔵仕込あまざけのご紹介です。

こんにちは~。

今回は、初めての茨城県の甘酒、
木内酒造さんの蔵仕込あまざけです。

瓶入りの濃縮タイプです…。
パッケージには、「2倍程度にに薄めてください。」
と書いてありましたが、薄めると、薄すぎる!
糖度を測ると12%でした。
水っぽくて美味しくない!

改めて、ストレートで飲むと、
いつもの甘酒の甘さです。(^-^)/

この甘酒は、原材料に米こうじ、米、塩と書いてありますが、
ほんのり酒粕の香りがします。
パッケージを見ると、
「米と水、そして香り高い酒粕を秘伝の技で仕込みました。」
と書いてあるので、やはり入っているようです。
酒粕って、米こうじから作るので、
表示はこれでもいいのかな。

粒が大きいがふっくら柔らかで
食べる感じかも。
とろみもしっかりあります。





製品情報

製造者    木内酒造合資会社 :茨城県那珂市鴻巣
原材料    米こうじ(国産米) 米(国産) 塩
内容量    500ml
糖度      24%(ストレート)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村



蔵仕込 あまさけ 500ml

新品価格
¥864から
(2017/3/15 20:20時点)


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

141種類目 糀屋柴田春次商店さんの甘酒の素のご紹介です。

こんにちは~。

高山第5弾!

今回ご紹介するのは、
古い町並みから少し外れたところにある、
糀屋柴田春次商店さんの甘酒の素です。

このお店、糀屋さんということで、
今回の甘酒の中でも、楽しみにしていたお店です。

外見は、今までご紹介したお店と同様、
歴史を感じる古い建物です。

中に入ると、お味噌がたくさん並んでいました。
その中に、甘酒の素がありました。
こちらで製造販売している甘酒は、
この1種類とのことです。

最近は、「生こうじ」も良く売れるそうです。
「生こうじ」は温度管理が難しいので、
冬しか売っていないとのこと。

私は、甘酒を買ってきて飲んでいるだけなのですが、
今度作ってみようと思い、
「生こうじ」も購入しました。

こうじには「乾燥こうじ」と「生こうじ」があり、
「生こうじ」で作った方が美味しい甘酒ができると聞きます。
今度作った時に、レポートしますね。

では、甘酒のお味の方ですが、
米こうじと食塩だけでつくったもので、
米が入っていません。
その分、こうじの香りがしっかりします。
ドロドロ感も強く、お好みに薄めて飲むタイプです。
約2.5倍に薄めると、糖度22%になりました。

この糖度とドロドロ感だと、
調味料にしても良いかもしれませんね。







製品情報

製造者    有限会社 糀屋柴田春次商店 :岐阜県高山市
原材料    米こうじ 食塩
内容量    170g
カロリー    97ckal/100gあたり
糖度      22%(約2.5倍に薄めたもの)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

140種類目 美吉野醸造さんの酒蔵古流こうじ甘酒のご紹介です。

こんにちは~。

今回は、初めての奈良県の甘酒、
美吉野醸造さんの酒蔵古流こうじ甘酒です。

瓶入り、ストレートタイプです。

お味の方は、昔ながらの米麹の甘酒です。
この甘酒は、大きな粒がたくさん入っていて
とろみもしっかりあります。
飲むというより食べる感じかな。
この粒はお米の甘みがあり美味しいです。

以前紹介した愛知県の大島屋さんの粒も
美味しかったのですが、濃縮タイプだったので
噛みごたえがありましたが、
今回の粒はふっくらしています。

甘酒全体の味としては、
麹の味がして、コクがあります。
糖度は22%と、甘酒としてはちょうどいい感じ。

丁寧に作っている感じがします。
じっくり味わって飲みたい逸品です!





製品情報

製造者    美吉野醸造株式会社 :奈良県吉野郡吉野町
原材料    米こうじ(奈良県産米) 米(奈良県産)
内容量    780g
糖度      22%(ストレート)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村


【甘酒】奈良県 美吉野醸造 花巴 ( はなともえ ) 酒蔵古流 こうじあまざけ 780g

新品価格
¥1,008から
(2017/2/5 19:09時点)


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

139種類目 甘味処 大野屋さんの甘酒のご紹介です。

こんにちは~。

高山第4弾!

今回ご紹介するのも、高山の古い街並みにある、
甘味処 大野屋さんの甘酒です。

こちらも、店頭に「甘酒あります」と書いてありました。
やはり、冬は甘酒なのですかね~。

せっかくなので、中に入りました。
このお店は甘味処ですので、
席についてメニューを見て注文するスタイル。

少し待っていると、甘酒が運ばれてきました。
甘酒・生姜・お茶付きです。
甘酒のカテゴリーは米麹甘酒です。

まずは、甘酒のみを飲んでみると、
粒は小さめ、サラサラしています。
甘すぎずちょうどいい感じ。
麹の味もしっかりあります。
生姜を入れると、ピリッとして美味しい!
心も身体も温まります。

お店の方に聞いてみると、
作り置きをすると、酸っぱくなるから、
その日に出る分だけを作っている。
粒は小さめにして飲みやすくしている。
と、大野屋さんならではのこだわり甘酒でした。









製品情報

販売者    甘味処 大野屋 :岐阜県高山市
原材料    米 米麹 生姜?
内容量    200ml

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

138種類目 船坂酒造店さんの甘酒のご紹介です。

こんにちは~。

高山第三弾!

今回ご紹介するのは、
高山の古い街並みにある
船坂酒造店さんの甘酒です。

昨日ご紹介した、
原田酒造場さんの目の前のお店です。
こちらも店頭に「あたたかい甘酒あります。1杯300円」
とあったので注文。

こちらは、紙コップでの提供でした。
お店の奥の雰囲気の良いカフェに持ち込み可能。
そこで飲みました。

甘酒のカテゴリーは米麹甘酒です。
お味の方は、粒は少なめ、とろみが強く
冷めにくいので、最後まで温かく飲めました。
3月でも高山は気温3度くらいでしたので、
温かい飲み物が沁みました!(*≧∪≦)

こちらも、持ち帰り用の甘酒は
入荷待ちとのことでした。









製品情報

販売者    船坂酒造店 :岐阜県高山市
原材料    米 米麹 ?
内容量    150ml?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村


テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

137種類目 原田酒造場さんの甘酒のご紹介です。

こんにちは~。

高山第2弾!

今回ご紹介するのは、
高山の古い街並みにある、
原田酒造場さんの甘酒です。

のれん横に「あたたかい甘酒1杯300円」
に惹かれ中に入り注文。
囲炉裏のある雰囲気の良い席に座り、
甘酒を待っていると、白いコーヒーカップに
入った甘酒が運ばれてきました。

コーヒーカップに入っている甘酒と囲炉裏が
予想以上にマッチしていて絵になる感じ。
この雰囲気で、美味しさ倍増って感じ。

お味の方は、
甘酒の種類は、米麹甘酒です。
粒は少なめ、癖はなく、とろみがあります。
甘さはちょうどいい感じで、ほっこりできました。

訪問時(3月初旬)、持ち帰りの甘酒は
入荷待ち。カフェ用をかろうじて確保している
とのこと。
売れてるんですね~。









製品情報

販売者    原田酒造場 :岐阜県高山市
原材料    米 米麹?
内容量    160ml?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
愛知県在住
2016年から毎日甘酒を飲み始める。
2017年10月、日本発酵文化協会の発酵マイスターを取得。
2018年 7月、発酵ライフ推進協会の発酵ライフアドバイザーを取得。
2019年1月、飲んだ甘酒の種類500種類達成。企業数300社以上。飲んだ量ドラム缶換算で10本分。
米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。
飲んだ甘酒の傾向やトレンド分析も行っています。
ご質問等ございましたら、コメント欄かメールフォームにてお問い合わせください。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle粒ありで美味しい甘酒sidetitle
sidetitle粒なしで美味しい甘酒sidetitle
sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle