日本発酵文化協会の甘酒教室に行ってきました。

こんにちは~。

甘酒を毎日飲んでいると、もっと甘酒のことを知りたくなり、
先日、日本発酵文化協会の甘酒教室に行ってきました。

甘酒は、米麹と酒粕の甘酒がありますが、
今回の甘酒教室では、「米麹甘酒」についてを学びましたので
簡単にご紹介しますね。

教室では、資料を使用した座学が大半で、
甘酒の作り方や栄養素や甘酒の使用方法等を学び、
最後に野菜の甘酒漬けを作りました。

まず、座学で甘酒の原料である米麹の話と、
麹から発生する酵素の働き等を教えていただきました。

内容は・・・

甘酒は、麹菌を米にまぶして米麹を作り、
米麹に水を加え、55℃~65℃で数時間発酵させると出来上がります。

ここで再確認できたのが、麹菌は「発酵する生き物」であり、
麹菌が餌となる米を食べ発酵し、排出されるものが酵素であり、
「発酵」とは、動物が呼吸をすることと同じで、
麹菌が生きるために行っている生命活動ということです。
つまり、酵素は生物ではないので、
「酵素が生きている」とか「死んでいる」という表現は間違いであり、
酵素が「活性する」「失活する」というのが正しい表現なのです。

酵素は一番活性する温度が55℃~65℃であり、
65℃を越えると失活します。失活したものは
再度活性することはありません。
しかし、酵素学と言うのはまだ歴史の浅い学問らしく、
日々進化しているので新しい見解等が出てくる場合もあるそうです。

甘酒はを作るにあたり、水分量や時間等は定義はなく、
麹菌が活動して酵素を輩出してその酵素が活性される状態を
一定程度保つと出来上がります。
一番大事なのは温度管理であり、55~65℃が絶対条件です。
温度が低すぎると酵素が活性しませんし、高すぎると酵素が
失活してしまいます。
水分量は、出来上がった甘酒を固め(食べる感じ)にしたい場合は、
米麹と同量くらいの水を加え、飲む甘酒にしたい場合は水分量を多くする。
といった感じです。
時間に関しても、目安時間は5時間ですが、3時間で甘くなっていれば
完成ですし、5時間たっても、甘くなければもう少し時間をかけたり、
温度が適正に保たれているかを確認する必要があります。

麹菌の酵素は100種類を越え、この酵素の働きで「飲む点滴」と
呼ばれるほどの酵素やビタミン、アミノ酸等が含まれています。

このように、甘酒の健康効果等を勉強でき、甘酒の良さを再確認出来ました。
これからも、さまざまな甘酒のことを発信していきたいと思っています!
スポンサーサイト

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

甘酒市場規模130億円超 昨年の1.6倍

こんばんは。

甘酒がyahooニュースに載ってます!
「甘酒」の売上が爆増中 一体、何が起きているのか?
詳しくはこちらをご覧ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00010015-abema-bus_all


10月頃のニュースでは、
甘酒の市場規模は114億円となっていましたが、
2016年は昨対1.6倍の130億円を越えるとのこと。
伸びてますねー。
嬉しい限りですo(^▽^)o

それと、甘酒市場が伸び始めたきっかけは
東日本大震災で、電力を使わずに暑い夏を乗り切ろうという
風潮があった時に、甘酒は夏バテ防止のために江戸時代に
飲まれていたと紹介されて注目が集まって急に市場が伸び始めたとか。

まさしく先人の知恵を借りた結果ですね。

みなさんも、甘酒飲んで元気に過ごしましょうね(*^_^*)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

甘酒がぐるなび総研の「今年の一皿」特別賞を受賞しました!

おはようございます。

甘酒が「今年の一皿」の特別賞を受賞しました。

今年の一皿とは、ぐるなび総研が2014年から始めたイベントで、

「日本の食文化の記憶。日本の豊かな食文化を共通の記憶として残していくために
その年の世相を反映した料理を「今年の一皿®」として選定し、発表します。」

とのことです。

やはり、甘酒ブームは来てますね。

最近、スーパー等で甘酒の種類が増えましたし、
甘酒コーナーを作っているところもあります。

みなさんも、飲んで見て下さいね。

ちなみに、今年の一皿の対象はパクチー料理でした。

詳しくは、ぐるなび総研HPをご覧ください。

https://gri.gnavi.co.jp/dishoftheyear/


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

甘酒があさイチで紹介されました!

こんにちは~。

今朝のNHKあさイチで、甘酒が紹介されたようですね。

実際に、モニターに飲んでもらった結果を報告しているので、
甘酒の良さが分かりやすいのではないかと思います。

内容を抜粋すると・・・

甘酒を4週間、女子大生に飲んでもらったところ、
肌のきめが整い、乾燥肌や吹き出物が改善。
大学の陸上長距離選手に合宿中に毎日飲んでもらい、
飲んでいない選手と比較したところ、
30%の疲労軽減効果がありました。
番組では、あさイチサポーターに2週間甘酒を飲んでもらい、
肌の状態や体調の変化を調べました。
その結果、肌トラブルや疲労感が有意に改善。
「頑固な便秘に悩んでいたのに毎日出るようになった」
「寝起きがよくなりイライラが減った」といった報告が
寄せられました。

とのこと。

私も、毎日飲んでいますので、
疲労回復やお通じの改善は実感しています。
お肌の調子は、自分では改善されていると思うのですが
人がどう思うかの方が大きい気がしますので、
控えさせていただきます。(^_^.)

詳しくは下記NHKあさイチHPをご覧ください。

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/161205/1.html

みなさんも、是非飲んでみてくださいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

甘酒と糖質制限

こんにちは~。
最近、糖質制限ダイエットが流行っていますね。

今回は、甘酒の糖質についてのお話です。

以前、甘酒は米麹と酒粕のものがあるというお話はしましたが、
米麹の甘酒は米や麹が原料ですので、
もちろん糖質は入っています。

いろいろ調べてみると、米麹の甘酒100mlの糖質は約18gのようです。
これは一般的な数字で、サラサラの甘酒が好きな人は薄めて飲むと思いますので
一概には言えないと思います。
糖質制限にはカロリーはあまり関係ないようですが、
甘酒100mlあたりのカロリーはおよそ70~80kcalです。

酒粕の甘酒は、砂糖で甘さを出しているので、
砂糖の量によって糖質は変わります。
酒粕の甘酒だけの場合は糖質は3~4gのようです。
カロリーは、一般的におおよそ230kcal(砂糖入り)ですが、
砂糖の量によって変わります。

私は毎日甘酒を飲んでいますが、体重の増減はありません。
飲み方は、甘酒を温めたり冷したりしてそのまま飲むのはもちろん、
朝食として甘酒とバナナや豆乳等をスムージーにして
飲んだりしています。

甘酒は飲む点滴と言われる通り、
糖質以外にもさまざまな栄養素が入っています。
詳しくは、カテゴリーの「米麹の甘酒の特徴」と「酒粕の甘酒の特徴」
をご覧ください。

何でもそうですが、「過ぎたるは及ばざるが如し」ということでしょうか。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
現在は愛知県在住
毎日甘酒飲んでます!
現在、200種類の甘酒を飲みました。
米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle暑い時期にオススメ。黒麹で作った酸味のある甘酒です。冷やしてどうぞ!sidetitle
sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle

酒蔵のあまざけ 500g×4本

新品価格
¥3,980から
(2017/1/30 21:58時点)

sidetitleいま売れてる甘酒の本sidetitle

>食べる甘酒で病気が治る!楽々やせる!

価格:810円
(2017/2/26 17:11時点)

sidetitle広告サイトsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle