米麹甘酒の種類を調べました。(米麹のみ・お米の種類・塩入等々)

こんにちは~。

今回は米麹甘酒のお話です。

当ブログでは、甘酒を4種類に分類しています。

①米麹甘酒…「米麹」又は「米と米麹」に塩・砂糖等の調味料の入ったもの
②甘酒+α…「米麹甘酒」「酒粕甘酒」にフルーツや雑穀等が入ったもの
③酒粕入り…「酒粕」が入った甘酒。「酒粕入り」としているのは、ブログ開設当初、
       純粋な「酒粕甘酒(酒粕・砂糖)」を見つけることが出来なかったため。
       現在では純粋な酒粕甘酒は3種類ご紹介しています。
④固形甘酒…プリン・ゼリー・飴等甘酒が入った食品。

200種類の時点で調査した時は
①米麹甘酒 123種類 61.5%
②甘酒+α  52種類 26.0%  
③ 酒粕入り 15種類  7.5% 
④ 固形甘酒 10種類  5.0%

現在のところ、
①米麹甘酒 193種類 57.3%
②甘酒+α 103種類 30.9%
③酒粕入り  20種類  5.9%
④ 固形甘酒 21種類  5.9%
計337種類 
でした。
定番は米麹甘酒、増加傾向なのが「甘酒+α」と言えます。 

今回は、定番の米麹甘酒について分析したいと思います。

「米麹甘酒」といっても、様々なタイプがあります。
まず、大きく変わるのが原材料に米が入っているかどうかです。

米と米麹のみ…190種類
米麹のみ  … 23種類

「米麹」のみで作った甘酒の方が、効能が大きい気がしますが、
「米と米麹」「米麹」は出来上がりの栄養素は変わりません。
(米が入っているものは、発酵時間を長くする必要があります。)
味や風味としては、「米麹」のみの方が、麹菌のクセがあるものが多いです。
「米と米麹」はお米が入っている分、麹の風味が少なく飲みやすさを感じます。

米麴のみのオススメ甘酒

長野県〈よしのや〉西之門 酒蔵吟醸甘酒ストレート-800g[F2]glm【RCP】_Y170907100108

価格:1,234円
(2018/2/4 13:15時点)
感想(0件)




八海山 麹だけでつくったあまさけ 118g x 3本

新品価格
¥615から
(2018/2/4 13:16時点)




米と米麴のオススメ甘酒

【甘酒】奈良県 美吉野醸造 花巴 ( はなともえ ) 酒蔵古流 こうじあまざけ 780g

新品価格
¥1,008から
(2018/2/4 13:17時点)




続いて、お米の種類ですが、
米麹+白米           …165種類
米麹+もち米          … 11種類
米麹+玄米           … 17種類

定番は「米麹+白米」です。
もち米が入ると、甘くなりモチモチ感があります。
玄米が入ると、玄米の粒のプチプチ感があります。
(噛みごたえがあります。)

もち米入りのオススメ甘酒

福島 栄川酒造 造り酒屋のあまざけ 500ml 甘酒 要冷蔵 あま酒

価格:514円
(2018/2/4 13:28時点)
感想(1件)




玄米入りのオススメ甘酒

麹屋さんの甘酒「濃縮タイプ」 5セット(180g×6本)

新品価格
¥13,960から
(2018/2/4 13:30時点)




雑穀米入りのオススメ甘酒

菊水酒造 十六穀でつくった麹あま酒520g

新品価格
¥896から
(2018/2/4 13:34時点)




お米の種類以外では食塩・糖類が入っているかどうかです。
食塩入…30種類
糖類入… 6種類
内食塩と糖の両方が入っているもの5種類

食塩が入っていると甘さが抑えられ違った味わいがあります。
砂糖だけが入っているものは1種類、
他5種類は食塩と砂糖入りです。
食塩を入れると甘さの調整に砂糖を入れるのでしょうか。

塩入りのオススメ甘酒

香精 塩甘酒 290g×4本

新品価格
¥1,814から
(2018/2/4 13:36時点)




米麹甘酒と一言で言っても、お米入りかどうか、
お米の種類、調味料入りで食感や風味が変わってきます。
みなさんが甘酒を選ぶときの参考になればと思います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

第一回 甘酒製造者都道府県別ランキング

300種類以上の甘酒を飲み、サンプル数が増えてきたので、
甘酒市場分析等も掲載していきたいと思います。
その、第一弾!
甘酒製造者別都道府県別ランキング

基本情報
サンプル数:337
分別項目 :製造者の都道府県別
      同一製造者の味違いは別々にカウント
購入場所 :基本的にスーパーマーケット・デパ地下・酒屋等の小売販売店
一部カフェ形式、酒蔵訪問時購入品有
購入地域 :全国各地
その他  :居住地が愛知県の為、中部地区で購入することが多い。
      関東地区へ行く機会が多いため、関東地区で購入することが多い。
      友人・知人からの頂き物あり。(数種類:いづれも小売販売店にて購入)
      他は旅行や出張時購入(北海道から九州まで)
      甘酒旅行場所(岐阜・京都・滋賀・兵庫)
      ネット通販等では購入歴なし。

簡単に言うと、訪問した場所の小売販売店にて購入したものです。
では、
★都道府県別ランキング★
1位 東京都 29アイテム 
2位 長野県 26アイテム
2位 愛知県 26アイテム
4位 福島県 20アイテム
5位 岐阜県 18アイテム

意外にも東京が1位でした。
東京で購入することが多いということも挙げられますが、
甘酒は東京名物という側面もあるようです。
昨年の発酵文化推進機構主催の発酵サミットin日本橋(2017.10.4~10.10)での
「日本の主な発酵食品」展示パネルの東京に「甘酒」と載っていました。



東京のオススメ甘酒

榮太樓 和菓子屋のあま酒 770g

新品価格
¥1,200から
(2018/2/4 12:51時点)




東京あまざけ 300ml

価格:799円
(2018/2/4 12:53時点)
感想(0件)




2位の長野県は、信州みそ等味噌処ですので、
麹文化が発達していることが考えられます。
また、味に安定感があり完成度が高い
伝統的な甘酒が多いと感じています。
仙譲さんやよしのやさんが挙げられます。

長野県のオススメ甘酒

仙醸 麹のあまざけ 400g×12本

新品価格
¥4,694から
(2018/2/4 12:55時点)




長野県〈よしのや〉西之門 酒蔵吟醸甘酒ストレート-800g[F2]glm【RCP】_Y170907100108

価格:1,234円
(2018/2/4 12:56時点)
感想(0件)




3位の愛知県は地元ということもありますが、
愛知県も八丁味噌等味噌処です。
愛知県は酒処でもあるので、
麹文化は発達していると考えられます。
しかし、八丁味噌を作っているカクキュー・まるやの
工場見学に行きましたが、甘酒は作っていませんでした。

愛知県のオススメ甘酒

酒蔵のあまざけ 500g×4本

新品価格
¥1,728から
(2018/2/4 12:59時点)




【1回のご注文で12本】(北海道、沖縄、離島地域は除く。配送は佐川急便のみ。)【砂糖不使用】「甘強みりんあまざけ」(全麹仕込)300ml瓶1本愛知県:甘強酒造(株)

価格:399円
(2018/2/4 13:02時点)
感想(0件)





4位の福島県は、糀和田屋さんの甘酒の種類の豊富さ
(10種類以上)で上位にランキングされています。
しかし、20種類中で、甘酒製造会社としては10社あるので、
まだまだ種類は増えそうな予感があります。

福島県のオススメ甘酒

(ケース販売) 糀和田屋 フルーツあま酒もも160g×12本

新品価格
¥3,379から
(2018/2/4 13:06時点)




香精 塩甘酒 290g×4本

新品価格
¥1,814から
(2018/2/4 13:07時点)




5位の岐阜県も酒処ですし、甘酒旅行をしたこともあり、
アイテム数が増加しました。

岐阜県のオススメ甘酒

かぼちゃのあま酒(甘酒) 500ml ノンアルコール 米麹 糖類 防腐剤 無添加 あまざけ

価格:495円
(2018/2/4 13:11時点)
感想(0件)




奥飛騨 甘酒 2本セット

新品価格
¥1,500から
(2018/2/4 13:13時点)




全国の小売販売店で購入しているため、流通網も関係してきます。
規模の小さな企業は地元の小売販売店のみで取り扱っている
ということも考えられます。
まだ高知県の甘酒が見つかっていないということも
流通網が要因ではないかと考えております。

★まとめ★
甘酒は東京名物
味噌処・酒処は甘酒が多い
地方の隠れた甘酒はまだ紹介しきれていない。

これからも、実際に販売店で購入し、
時には現地に足を運びながら、さまざまな甘酒を
探して飲んでブログにUPしていこうと思っています。

もっと、詳しい情報をお求めの場合は、
コメント欄かメールフォームにてお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

インフルエンザには飲む点滴の甘酒!

こんにちは~。

インフルエンザが流行っていますが、
みなさんは大丈夫でしょうか?
私は、10年ぶりにかかってしまいました。

10年前、インフルエンザにかかった時、
高熱で起き上がることができず、
食欲減退→体力が落る→病院で点滴
という状況でした。

甘酒を飲み始めて、
「もし、インフルエンザにかかったら、
甘酒で栄養補給をしよう」と思っていたので、
ちょうど検証できる機会になりました!

甘酒は「飲む点滴」と言われており、
点滴と成分がほぼ同じなので、
病気の時にはちょうどいい飲み物だと思っています。
しかし、体調不良の時は甘酒だけで飲むと、
喉に引っかかる感じがするかもしれません。
今回私は、「甘酒+グレープフルーツジュース+豆乳」を同分量入れ、
ブレンダーで混ぜた甘酒ドリンクを作りました。
甘酒は栄養豊富ですが、ビタミンはBしか入っていないので、
グレープフルーツジュースを入れることでビタミンCをプラス、
豆乳を入れることで、たんぱく質等の甘酒に入っていない栄養を
プラスしました。

お味の方は、
豆乳を入れることで全体的に甘さが抑えられ、
グレープフルーツの苦みと酸味が効き、
スポーツドリンクみたいな感じで飲むことが出来ました。
栄養と水分補給が簡単にできるスペシャルドリンクです!

療養中、食欲が無かったのですが、
この甘酒スペシャルドリンクは飲めましたよ。
インフルエンザはウイルスなので飲んだから治った。
というわけではありませんが、
固形物を食べたくなかったので、重宝しました。

インフルエンザ等病気になった時や、食欲の無い時には、
甘酒スペシャルドリンクをおススメします!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村





テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

甘酒を飲むと太るのか?

こんにちは~。

今回は、「甘酒を飲むと太るのか?」
ということについてお話ししたいと思います。

甘酒の話をする上で、良く聞かれるのが
「アルコール入ってるんでしょ?」ということですが、
もう一つが「太らないの?」ということです。

実体験で言うと、1年以上毎日甘酒を飲んでいますが、
体重の増減はありません。
飲み方は、平日は朝食として、
「甘酒・豆乳・バナナ・グレープフルーツジュース・
その他フルーツ」等をブレンダーでシェイクして
スムージーにして飲んでます。
量は約400mlです。
その内甘酒は100~150mlくらいだと思います。

他は、その時の気分で夕食後に甘酒を飲んでます。
もちろん、1品づつ味を見るための試飲はしてますよ。

毎日甘酒をこれだけ飲んでいますが太らない理由は、
朝食として飲んでいるということも挙げられますが、
甘酒の甘さにも秘密があります。
ここでいう甘酒は「米麹甘酒」のことです。
米麹甘酒は砂糖は使用しておらず、
麹の酵素による「糖化」で甘くなります。
「糖化」とは、麹菌が米のデンプンをエサとして
ブドウ糖に変える働きの事です。
甘酒の甘さは砂糖(ショ糖)ではなくブドウ糖(単糖類)ですので、
エネルギーに変わりやすいため太りにくいと言われています。

といっても、飲みすぎると太ると思います。
私のおススメする甘酒の飲み方は、
朝食代わりに甘酒スムージーを飲むか、
チョコレートやケーキ等が食べたくなった時、
甘酒を飲むと、身体にも良いですし、糖分も取れます。
甘いものを毎日食べている人は、その内の3回くらいを
甘酒にしてみると、太りにくいでしょうし、痩せるかもしれませんね。

市販の米麹甘酒の大半は砂糖は入ってませんが、
稀に砂糖が入っているものがあります。
パッケージに「加糖」と表記があるか
原材料表示を見ると分かりますので、
確認してくださいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村





テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

甘酒にはアルコールが入っているのか?

こんにちは~。

今回は、甘酒のアルコールについてお話ししたいと思います。

このブログを始めて、知人に「ブログを見て!」
と紹介をしています。
その会話の中で、よく聞かれるのが
「甘酒ってアルコール入っているんでしょ?」ということです。
ここから、甘酒には「米麹」と「酒粕」の2種類あって、
飲む点滴と言われているのは「米麹」の方で、
いまブームになってます。・・・
という話につながっていくのがいつものパターンです。

「酒」という文字が入っていますし、
酒粕甘酒には少しアルコールが入っているから、
そのイメージが強いのでしょうね。

では、「甘酒にアルコールは入っているのか?」ですが、

米麹甘酒は、
米と米麹を原料とし、水を加えて60度で数時間から数十時間発酵させたものです。
発酵には麹菌を使用しているため、アルコールは含みません。

ちなみに、アルコールができるのは、
酵母菌を使用したアルコール発酵時のみです。

酒粕甘酒の原料は、
日本酒製造時にアルコール発酵させた後の
粕と水なので、アルコールが含まれます。
スーパー等で売られている板状の酒粕は
アルコール度数7%くらいのものが主流です。
それをお湯で溶かすので、お湯の量によって
酒粕甘酒のアルコール度数は変わってきます。

答えは、
「米麹甘酒にはアルコールは入ってないが、
酒粕甘酒にはアルコールが入っている」

ということになります。
市販の甘酒にも、酒粕を使用した商品には、
アルコール分1%未満等の表示がありますよ。

酒粕甘酒も、保温状態によっては
アルコール分がなくなる場合もありますけどね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
にほんブログ村











テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

まる

Author:まる
愛知県在住
2017年10月、日本発酵文化協会の発酵マイスターを取得。
現在、300種類の甘酒を飲みました。米麹甘酒、酒粕甘酒、食べる甘酒等、全国の甘酒をご紹介します。
甘酒のご質問等ございましたら、コメント欄かメールフォームにてお問い合わせください。

リンクフリーです。

sidetitleカテゴリー(製造者・販売者都道府県別)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleランキングサイトsidetitle
ポチッと押して頂けると嬉しいです!
sidetitle粒ありで美味しい甘酒sidetitle
sidetitle粒なしで美味しい甘酒sidetitle

よしのや 西之門 酒蔵吟醸甘酒 800g

新品価格
¥1,234から
(2017/12/10 14:39時点)

sidetitle大人気の八海山甘酒。滑らかで美味しい!sidetitle
sidetitle初めて飲んだ思い出の甘酒 中埜酒造sidetitle

酒蔵のあまざけ 500g×4本

新品価格
¥3,980から
(2017/1/30 21:58時点)

sidetitleいま売れてる甘酒の本sidetitle

>食べる甘酒で病気が治る!楽々やせる!

価格:810円
(2017/2/26 17:11時点)

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle